鯛ラバ特集トップ : 海釣り、船釣り専門店の沖三昧 ,釣具販売,釣具通販



アカハタ特集


鯛ラバ特集


古来より日本に伝わる漁具を現代版に改良した鯛ラバは比較的新しいジャンルの釣法です。

ただ巻きで簡単に釣れる鯛ラバは誰もが入りやすい事もあり瞬く間に

全国に浸透し確固たる釣りとなりました。

これまで真鯛を釣る方法と言えば餌が中心でしたが鯛ラバの出現によって

鯛を釣る人の裾が更に広がりました。

今や熟成期に入った鯛ラバは初期とは比較にならない程バリエーションが増え

あらゆるシチュエーションに対応する商品が網羅されています。

基本ルアーなので視覚と水中に発する波動で魚に口を使わせるものだけに巻くスピード

鯛ラバの形状、色などで魚の反応が大きく変わる奥深さがあります。

同じく真鯛を釣る人気釣法、一つテンヤでは両方出来る船が多く

セットで用意するのが一般的となっています。

巻くだけという単純な釣りである反面、セレクトする道具のバランスが重要で

このことが釣果に大きく影響します。


 

おすすめ鯛ラバ用リール


鯛ラバに求められるのは安定した均一の巻きスピードです。

それを実現するために低速ギアでトルクのあるモデルは鯛ラバ専用リール独特のものです。

それとともにイワシなどのベイトを追っている時に求められるハイギアもあります。

細いPEを使うので上質なドラグ性能は必須です。

1日中手で持ったままの釣りとなるので握りやすさと軽量さも重要です。

カウンターの付いたモデルもあり巻きスピードを表示する機能が付いたモデルは一定のスピード、

その日反応するスピードを把握するのに大変便利です。

最近では均一スピードで巻くことが容易な超小型電動リールも注目されており使用する人も増えました。




→おすすめ鯛ラバ用リールはこちら

  


おすすめ鯛ラバ用ロッド

 

巻いたまま喰わせる鯛ラバではアタリを弾かない喰いこみの良い穂先と巻いている時に感じる水抵抗の変化、

鯛ラバの振動などの感度の高さが求められます。

10Kgクラスの大型とも渡り合えるバットパワーと脇に抱えて1日中使用するのに

必要な軽さとグリップの長さも重要です。

鯛ラバの重さのバリエーションが拡大しそれに対応するディープエリアで使える竿も増え

掛け調子と呼ばれる竿もあります。

喰いこみに特化した穂先をソリッドにしたモデルや細身で喰いこみと強度を両立した

ソリッドブランクモデル、投げて広範囲を探れるスピニングモデルなど

システマティックに状況に対応する様々な竿がリリースされています。


→おすすめ鯛ラバ用ロッドはこちら
 


おすすめ鯛ラバ用仕掛け関連品

 

初期は鯛ラバとフックの一体型が主流でしたがバラシを少なくする為近年では

ヘッドとフック部分が分離する遊動式が定番です。

動きを決めるヘッドの形状は投げて使うキャストモデルからスタンダードな丸型、深い水深用対応など様々。

更に重要なのがスカートと呼ばれる部分で形状により発する波動が釣果と直結する箇所です。

それ故にこの部分の形状やカラーの種類は多く交換用のパーツが数多く出ています。

遊動式のヘッドなら初めから付いているスカートを交換して使うことで多様な攻略が可能になります。

ヘッドもスタンダードな鉛素材、高感度で比重の重いタングステン素材があります。


→おすすめ鯛ラバ用仕掛け関連品はこちら
 


おすすめ鯛ラバ用便利グッズ

 
鯛ラバ釣りであると快適で便利なグッズたちです。鯛ラバ釣りがより快適に行えます。
 


→おすすめ鯛ラバ用便利グッズはこちら

 


もっと鯛ラバ用の道具について知りたい! という方は
TEL: 03-3876-3690 にてご質問ください。

お気軽にお問合せください。


All Right Reserved. Copyright © 2010 海釣り、船釣り専門通販の沖三昧