アカムツ特集トップ : 海釣り、船釣り専門店の沖三昧 ,釣具販売,釣具通販



シマアジ特集


アカムツ特集


別名ノドグロとも呼ばれその旨さから白身の大トロと珍重され船釣り師から大人気の魚がアカムツです。

この魚専門に狙う人もいる程で、この事からもこの魚の魅力が良く分かります。

大きさや引き味ではなくあくまでも食味によって釣り師を引きつけている魚です。

持つとわかるのですが、全身が柔らかく特に口元の柔らかさからバレやすい魚としても有名です。

アコウなどはある程度上がれば引きは鈍るのに対し、アカムツは途中でも暴れるのでそこで

外れてしまう事も多々あるからです。


超深海と呼ばれる場所よりも一段浅い100~300Mの水深がステージとなりキンメダイのように

大きな群れでいる魚ではないので針数も多く付けません。通常3本針くらいが一般的です。

サイズは2kgを超える事はほとんどなく、1kg未満から1.5kgくらいですので道具は深場の釣りにしては

ライトです。

深海釣りの魚の中では道具に掛かる費用が比較的手頃なのも人気がある理由の一つでしょう。

それでいて味は最高レベルとくれば釣ってみたいと思うのは当然です。

以前は専用の道具はほとんど存在しませんでしたが、人気が上がるにつれ漸くアカムツ専用竿が出てきたのは

ごく最近です。口が柔らかくバレやすいので深場の竿にしては柔軟な調子が使用されます。

リールは4号くらいのPEラインで充分で手持ちで誘う事が多いのでダイワなら500番、

シマノなら3000番くらいが使用される頻度が高くなります。

好条件ならともかく、普段は数が釣れる魚ではありません。

型が見れればおんの字の魚であると思って挑んでください。



 

おすすめアカムツ用リール


専門で狙う場合、道糸が4号前後と太いものは必要ないので小型電動で充分間に合います。

100M台を狙う釣り場であればダイワの300番台、シマノの1000番台とヤリイカ狙いの大きさで通用します。

最も深い水深の300M程を狙う釣り場でも4号のPEが500M入るクラスのダイワ500番クラス、

シマノ3000番クラスで充分です。

このクラスがアカムツ用としては最も売れる大きさです。

パワーがあるに越したことはありませんが、サイズが大きい訳ではないので高額なものでなくても

問題ありません。

手持ちで誘いを掛けるのが有効なので手持ちができるサイズである事は重要な要素となります。

高い道糸も必要ありませんし、他の深海釣りと違い普段使っている電動リールの糸を変えるだけで

対応できるのは魅力です。



→おすすめアカムツ用リールはこちら

  


おすすめアカムツ用竿

 

口元が弱くバレやすいアカムツには硬い竿はNGです。

普通深場の釣では先調子が使用されますが、アカムツの場合はそれよりも

だいぶ穂先が軟らかい竿が要求されます。

これまでは胴調子の大型青物などで使用される竿を代用にする事多かったのですがアカムツにパワーは

それ程必要とはしませんし、手持ちで落とし込むような誘いが有効な事から長すぎても不向きです。

2M~2.4M程の胴調子と先調子の中間あたりの曲がりの竿が専用調子に多く見られます。

これなら手持ちも出来きショックを吸収する事も可能です。

7.3調子の竿なら使用するオモリよりもだいぶ柔らか目の号数を使う手もあります。

アカムツで使用するオモリは120号~250号くらいですのでバット部はしっかりとしたものの方が

扱いやすくなります。

 

→おすすめアカムツ用竿はこちら
 


おすすめアカムツ用仕掛け関連品

 

アカムツはキンメダイのように沢山の針を付けません。群れの棚が狭いので多くても5本針です。

一番多いのが3本針の仕掛けです。

胴付き仕掛けが主流ですが、天秤を使う吹流しも使われます。

ルアーにも反応する魚なので動かしてアピールする事は有効です。

そのため全長は他の深場の釣りよりも短めとなります。

カラ針でのスタンダードな仕掛けからフラッシャーを付けたものまで多彩です。

口元が弱く数が釣れない魚なので針も専用の外れにくい形状のものが人気です。

 

→おすすめアカムツ用仕掛け関連品はこちら
 


おすすめアカムツ用便利グッズ

 アカムツ釣りであると快適で便利なグッズたちです。アカムツ釣りがより快適に行えます。
 



→おすすめアカムツ用便利グッズはこちら

 


もっとアカムツ用の道具について知りたい! という方は
TEL: 03-3876-3690 にてご質問ください。

お気軽にお問合せください。


All Right Reserved. Copyright © 2010 海釣り、船釣り専門通販の沖三昧