フグ特集トップ : 海釣り、船釣り専門店の沖三昧 ,釣具販売,釣具通販




フグ特集

 


グルメが唸るフグを自分で釣って食べれるので大変人気のあるターゲットです。

人気の理由のポイントとして

*フグは毒があり船で調理免許を持った人が身だけに捌いてくれるので家での調理がとても楽。

クーラーも小さくてすむ

*仕掛けがシンプルで道具たてがコンパクト

*引っ掛けて釣る釣りなので大味と思われがちですが繊細でテクニックを必要とする側面があり

腕で差が大きく付く奥深さがある

*道具、仕掛けも高額でなくとも楽しめるので入門しやすい

など魅力の要素満載です。

やってみると楽しく愛嬌のあるフグ釣りにすっかりハマってしまうでしょう。

大別して2つの釣り方があり釣り場によって仕掛けも道具も変わりますのでこの点は注意が必要です。

竿は2つに分けてご紹介します。
 

 

おすすめフグ用リール


手持ちで釣る釣りで水深が浅いので小型の手巻きリールが中心となります。

小型電動リールも最近では使われています。底をとる釣りなので特にカウンターがなくても大丈夫です。

高額であればなお良しですが、高額なリールでなくとも成立します。

ただ、フグは掛けると膨らみ抵抗が結構大きいのでトルクのあるリールの方が釣りが楽です。

高額リールはギアの精度と剛性が高くなりますので当然トルクも高くなります。

あたりを取って合わせて釣る釣り方なので利き腕を使う方が有利です。ですのできき腕で竿を持ち

反対の手でリールを巻くのがより利にかなっていますが、もちろんやりやすい方で結構です。

底を頻繁に取り直すのでクラッチがワンハンドで切れるリールが不可欠です。

ドラグは締めっぱなしでOK。使う道糸は2号以下。細い方が糸がまっすぐたち感度が上がります。

湾フグの場合はオモリが軽いので1号以下が理想です。


→おすすめフグ用リールはこちら

 

おすすめフグ用竿

 

カットウ25号~30号を使う釣り場と湾フグと呼ばれる10号以下のカットウ釣りでは違ったものとなります。

ちゃんとした釣果を望むなら専用竿が必要です。特に湾フグの難易度は高いので竿はリール以上に重要な要素となります。

穂先の硬さは違いますが合わせて掛ける釣りとなりますので胴はしっかりとした張りが求められます。

底にオモリがついているか判断するのに先調子の必要があります。


→おすすめフグ用竿はこちら

 

おすすめフグ仕掛け関連品


千葉、茨城では25号~30号、湾フグでは8号~10号のオモリの仕掛けが一般的です。

オモリには色が塗られており、夜光、ホワイトが主流。

形状は各社工夫してあり底を取りやすく、水抵抗の少ないものが多く見受けられます。

掛けて釣る釣りなので掛け針の先は常に鋭いものにしておく必要があります。

針先がなまっていると釣果に大きな差が出ます。

少しでも鋭さがなくなっていると感じたら面倒くさがらず交換が鉄則。

掛け針のハリスがよれても掛かりが悪くなるのでハリス付きのスペアを現場で素早く交換

できるように用意しておくと便利です。
 


→おすすめフグ仕掛けはこちら
 

おすすめフグ便利グッズ

 
フグ釣りをする上であると便利なグッズ達です。

無くても成立しますがあるとより快適に釣りが行えます。

 


→おすすめフグ便利グッズはこちら

 

もっとフグ用の道具について知りたい! という方は
TEL: 03-3876-3690 にてご質問ください。

お気軽にお問合せください。


All Right Reserved. Copyright © 2010 海釣り、船釣り専門通販の沖三昧