アマダイ特集トップ : 海釣り、船釣り専門店の沖三昧 ,釣具販売,釣具通販



アマダイ特集


アマダイ特集


特に関西方面で高級魚として人気の高いアマダイは愛らしい表情と独特の下に突っ込む引きで

人気の対象魚です。

泥底に潜り顔を出して底付近の餌を食べる習性の魚なので底スレスレの棚取りが釣果を決定します。

仕掛けが浮きすぎるとまず釣れないので底をしっかり取り、少し上に誘いあげる動作が基本となります。

天秤に仕掛けをつけるだけのシンプルな仕掛けの構造なので船釣り初心者の方でも入りやすい

釣り物と言えます。

根の釣りではないので根掛かりもほとんどありません。

しかし外道も多く釣れるので手返し良く本命のアマダイを狙わないと他の魚ばかりになってしまい

釣果が伸びません。

アマダイは少し赤みがかった赤アマダイが一般的ですが釣り場によっては60CM近くになる

大型の白アマダイが混じるところもあります。

水深は100M前後が多く釣り糸が2号以下のライトバランスの場合は40号~60号前後のオモリを使用します。

通常のアマダイは80号~100号のオモリを使用し釣り場によっては120号くらいを使う場所もあります。



 

おすすめアマダイ用リール


水深が100M前後の釣り場が多く電動リールを使用する方が多いですが、天秤にオモリだけのシンプルな仕掛

けなので手巻きでも十分に成立します。

ライトバランスならオモリも軽くでき、手巻きの釣りが面白く、価格面でも安くあがります。

手持ちで動かした方が釣れるので小型で軽量なリールが適しています。

強大なパワーが無くとも釣りは成立します。

道糸も太い糸は必要なく、4号くらいまであれば十分対応出来ます。

太い糸はかえってアタリが分かりづらくなります。

ライトバランスなら1号から2号までが適しています。




→おすすめアマダイ用リールはこちら

  


おすすめアマダイ用竿

 

アマダイ釣りに求められる竿の条件は穂先の感度と喰いこみを促すしなやかさです。

外道の魚に餌を取られたままだと釣果が望めません。

小さなアタリも見逃さない穂先の目で見る感度と手に伝わる感度の両方が良い事が理想です。

アマダイからのアタリを判別できる事で適切な棚が分かり本命が掛かる確率が上がります。

誘いで餌を動かすことでアマダイが掛かる率が上がるので手持ちで誘える軽さと操作性は重要です。

長すぎず短すぎない1.8~2M前後の竿が適しています。

アマダイで使える竿はタチウオの天秤での釣りやイサキにも転用が効きます。


→おすすめアマダイ用竿はこちら
 


おすすめアマダイ用仕掛け関連品

 

アマダイの仕掛けは天秤にオモリと2本針のシンプルな仕掛けが一般的です。

ハリスは3号~5号とそれ程太くありません。

全長も3.5Mくらいと長くないので扱いは楽です。

餌にオキアミをつける場合が多いので回転せず、餌ズレしないよう軸の長さがありケン付きの針が最適です。

口は硬いのでしっかり刺さり強度のある針が良いです。

大型の真鯛を狙うバランスと同じくらいの針が適しています。

ライトで3号通常は4号、大型がいる場所で5号が目安です。クッションゴムは付けなくてOKです。

オキアミの餌が一般的ですがホタルイカも効果が高い餌です。


→おすすめアマダイ用仕掛け関連品はこちら
 


おすすめアマダイ用便利グッズ

 
アマダイ釣りをするときにこれがあるとより快適に釣りが出来るグッズ達です。
 


→おすすめアマダイ用便利グッズはこちら

 


もっとアマダイ用の道具について知りたい! という方は
TEL: 03-3876-3690 にてご質問ください。

お気軽にお問合せください。


All Right Reserved. Copyright © 2021 海釣り、船釣り専門通販の沖三昧