スタンディング泳がせ特集 : 海釣り、船釣り専門店の沖三昧 ,釣具販売,釣具通販



スタンディング泳がせ特集

スタンディング泳がせ特集

泳がせ釣りと言うと、魚が大型で、道具も大掛かりになり、大きいリールと太い竿のイメージがあります。

しかし、置き竿での釣法でなくても、大型の魚が釣れる手持ちでの泳がせ釣りが近年大人気です。


道具のバランス全体が軽くなり、その軽量化によって、道具に掛かる費用も削減されます。
何より、普及している理由としては、強烈な魚の引きがダイレクトに楽しめる点です。

誘いも、置き竿よりコマメにする事が出来、より魚のキャッチ率を上げる事が可能です。

対象魚としては、ヒラマサ、カンパチなどの青物やモロコ、マグロ類となります。

サイズは、5kg未満から100kg近くまでが狙えます。

釣行する場所は、近海でももちろん出来る場所はありますが、遠征釣行が多くなります。

スタンディング泳がせと言うと、ずっと手で竿を持っているイメージがあります。

もちろん、それがベストではあるのですが、置き竿にしながらマメにタナ取りをする事で、対応も可能です。

一日中手持ちがキツイ方は手持ちと置き竿を併用するパターンもありです。

しかし、魚が掛かった後は是非手持ちで魚の引きを存分に楽しんでください。



 

スタンディング泳がせ入門派

スタンディング泳がせ入門派タックル

 

スタンディンググロリア 175

29,800円

高級竿にも負けないルックスと実力をもつワンピースのグラスソリッド製ロッド。

バットが強靭で大魚の引きにも負けません。穂先は硬くないので体への負担が少なく

魚の喰いこみを助けます。赤、青のカラーが追加となり選択肢が増えました。

 

セドロス CLD-15

34,600円~

実力のあるレバードラグリールです。剛性も高く糸の出だしはスムーズです。

MAX15.4kgまで絞められるので近海~150M以内の水深での泳がせ釣りで使えます。

軽く手持ち時の負担が少ないのでやり取りが楽になります。

カツオ、キハダでも使えるので大物入門用に最適です。

 
 

スタンディング泳がせ本気派

スタンディング泳がせ本気派タックル

 

カイユウSH170 ゴールドバージョン

97,200円

アリゲータースタンディング竿の中心モデルであるヒートの量産版です。
ブラック基調の硬派なカラーと取り回しの良い1.7Mの長さは近年のトレンドです。

 

アリゲーターバトル20シルバー

138,240円~

泳がせ釣りの代名詞的リールです。頑強さと数々の輝かしい実績。
コンパクトな大きさ、軽さはまさにスタンディングスペシャル!


 

スタンディング泳がせこだわり派

スタンディング泳がせこだわり派タックル

 

スタンディングシャープ H

146,700円

より大型を狙うチャレンジャーに! 扱いやすさを残しながら竿を強化!

太いハリスの使用にも耐えうる強靭さ。 上級者向きの竿です。

 

アルテクノス ゴリラ20CCMチューンドゴールド

115,818円~

屈強さとやる気にさせる攻撃的な外見は他の追随を許しません!

リールの剛性、巻き上げトルク 強力なドラグ CCMチューンの

大型ハンドルは機会の少ない超大型魚のキャッチ率を高めてくれる事でしょう。

性能を考えると価格も他より抑え目です。

  

アルテクノスゴリラ 20LBCCMチューンドのシルバーはこちら↓↓↓
アルテクノスゴリラ 20LBCCMチューンド シルバー

115,818円~


 

[スタンディング泳がせ向けリール]

ラインのキャパシティーは10~12号が300M以上巻けて、ドラグ性能が高く、ボディー・ギアなどの剛性の

しっかりしたリールが目安です。

200号以上のオモリを使用するケースもあるので、巻き取りトルクのあるリールが疲労を軽減してくれます。

考え方としては、手巻きリールの方がハンドル回りが強く造られているので理想ですが、

体力的に不安な方は電動リールもアリです。

手で持てるバランスが必要なので、軽いに越したことはありませんが、軽いだけでもいけません。

正直を言うとある程度の出費は覚悟しなければならない部分があります。

材質面で強度の差がかなり出てくる感は否めません。

リールに掛かる負担の大きな釣りですので高い性能基準が要求されます。

→おすすめスタンディング泳がせ向けリールはこちら


 

[スタンディング泳がせ向け竿]

スタンディング泳がせ用の竿は、手で持つ事を考えれば出来るだけ軽めが望ましいのですが、

強烈な引きに対応する強度も必要で、その両立が可能な竿でなければいけません。

長さも近年は短くなり、1.7~2m前後が主流となっています。

素材はグラスソリッド系がほとんどです。強烈な引きこみに折れない、ネバリ強さと衝撃吸収に

優れているからです。脇に抱えられる為の長めのグリップも必須です。

流行のスタイルとなった為、種類が随分と充実して来ました。 

価格帯もバリエーションが増え、エントリーしやすくなりました。

→おすすめスタンディング泳がせ向け竿はこちら


 

[スタンディング泳がせ向け用品]

→おすすめスタンディング泳がせ向け用品&仕掛けはこちら


 

もっとスタンディング泳がせ向け釣具組合せについて知りたい! 
という方はTEL: 03-3876-3690 にてご質問ください。

お気軽にお問合せください。


All Right Reserved. Copyright © 2010 海釣り、船釣り専門通販の沖三昧