船エギタコ特集トップ : 海釣り、船釣り専門店の沖三昧 ,釣具販売,釣具通販



タチウオジギング特集


船エギタコ特集


関西を発信とし近年大人気なのがエギを使ったタコ釣りです。

餌を使わずエギを胴突き仕掛けの要領でセットして釣ります。

これまでのテンヤを使った釣り方から進化し2個のエギを使った釣り方が中心となっています。

明石のブランドタコをはじめ関西方面で発達したその釣り方はその手軽さと釣れっぷりから

今や全国に波及しています。

専用の道具も続々増えており、今後ますます人工が増える釣りとなりそうです。

竿で動かし誘ってあわせて釣るという釣りの一連の面白さが集約されている事が人気の理由です。

掛けたあとのずっしりとくる重量感もこの釣りの醍醐味と言えます。

全国の沿岸に生息し比較的浅い場所での釣りで、道具も手巻き中心のシンプルさなので入門も手軽です。



 

おすすめ船エギタコ用リール


水深が浅く手持ちスタイルでエギを動かして釣るので大きなものは使いづらくなります。

道糸は2号以上で3号くらいが中心なのでライト系のリールで対応できます。

しかし底にへばりつき時には岩を抱いて上がってくるタコは大変な重量感があります。

リールの巻き上げトルクはとても重要です。

魚と違い水抵抗がかなり大きいのでしっかりと巻き上げられるパワーは必須です。

そのためボデイ剛性が高くギア比が低いパワーギアタイプが使いやすくなります。

小型の電動リールも使うことができます。




→おすすめ船エギタコ用リールはこちら

  


おすすめ船エギタコ用ロッド

 

エギを動かしタコの乗りを感知してあわせて釣る一連の動作に対応できるものが必要です。

専用竿が出るまではジギング用ロッドなどが代用として使われていました。

近い調子のものにカワハギ竿やフグ竿マルイカ竿などが思い浮かびますが

海底にへばりつくタコを引き剥がすには強度不足です。

負荷が大きく使用する道糸も太い為、竿の破損の危険があります。

今は専用竿が出ているためやはり専用竿がおすすめです。

手持ちで使える軽さと強度、エギを小刻みに動かしあわせられる先調子なものとなっています。

カワハギ竿ほど高額なものはなく比較的手頃な価格のものが多いです。


→おすすめ船エギタコ用竿はこちら
 


おすすめ船エギタコ用仕掛け関連品

 

オモリとエギにシンプルな仕掛け構成なのでエギのセレクトが最も重要な要素になります。

エギはタコ釣り専用に作られたものが必要です。

アオリイカ用の通常のエギと異なる部分は針の形状と根元の強度です。

またタコへのアピールを高めるようにブレード付きのものも見られます。

2個エギをセットするのが主流となっているのでスナップにも2個付け用の親子サルカンがあると便利です。

軟体生物ならではの特徴として入れ物から逃げ出すので網類の入れ物も必要となります。



→おすすめ船エギタコ用仕掛け関連品はこちら

 

もっと船エギタコ用の道具について知りたい!という方は
TEL: 03-3876-3690 にてご質問ください。

お気軽にお問合せください。


All Right Reserved. Copyright © 2010 海釣り、船釣り専門通販の沖三昧