沖メバル釣り特集トップ : 海釣り、船釣り専門店の沖三昧 ,釣具販売,釣具通販



沖メバル特集


沖メバル釣り特集


北の沖釣りの人気ターゲット沖メバル。

ウスメバル、トゴットメバル、ウケグチメバルなどを総称して沖メバルと呼びます。

大きくなると40cmほどのものもいて胴付き仕掛けに沢山掛かるのが醍醐味です。

釣れる時は大型クーラーがいっぱいになります。

ここでは中深場の釣りにあたるオモリ200号前後の釣りの道具をご紹介します。

専用の道具があるほど人気がありますが、特徴なのは胴調子のロングロッドです。

3~4M近いものまであります。

長くなければいけない訳ではなく、穂先が柔軟で取り回しの良い短めの竿を使う方も多くいます。

口の薄いメバルの口切れによるバレを防ぐ為に柔軟さのある竿が使用されます。

浅い水深の沖メバルは針数も10本以下となりますが、深い場所では手返しの事もあり針数が多くなります。

針いっぱいに掛かると重量もかなりのものとなりますのでリールもそれなりのパワーが必要になります。



 

おすすめ沖メバル釣り用リール


中深場のバランスとなるので6号~8号が500M以上巻けるサイズのものとなります。

糸が切れた場合の事を考え水深の倍以上は欲しいところです。

ダイワなら600番、750番、シマノなら4000番、6000番が適切です。

ミヤマエのリールも人気があり3番、4番あたりが良く使われるサイズです。

置き竿での釣りとなりますので、もっと大型でも大丈夫です。

沖メバル以外の中深場の釣り物でも兼用出来ます。多点掛けしても釣り上げてくるパワーが求められます。




→おすすめ沖メバル釣り用リールはこちら

  


おすすめ沖メバル釣り用竿

 

口の弱い沖メバル釣りでは硬い竿は禁物です。専用竿は胴調子で長さのあるものとなります。

200号前後のオモリを吊り下げ沢山掛かってもバレないで上げてくる柔軟性が必要です。

グラス含有率の多い粘りのある竿が適しています。

地域によっては3Mを超えるロングロッドが使用されます。


 

→おすすめ沖メバル釣り用竿はこちら


おすすめ沖メバル釣り用仕掛け関連品

 

胴付き仕掛けの釣りとなります。太い仕掛けは必要ありません。ハリスは3号~6号くらい。

幹糸も合わせてバランスを取ればよいですがオモリが250号くらいのものも使う事を考えると

8号以上は欲しいところです。

幹糸は極端でなければ多少太くても喰いに影響はありません。逆にすぐ切れるようでは困ります。

シンプルに針だけでも良いですが毛針、フラッシャー、など工夫を凝らした針を使う向きも多いです。

ヨリトリは必需品です。サルカンは回転性能の良いビーズタイプも有効です。

 


→おすすめ沖メバル釣り用仕掛け関連品はこちら
 


おすすめ沖メバル釣り用便利グッズ

 
沖メバル釣りであると快適で便利なグッズたちです。沖メバル釣りがより快適に行えます。
 


→おすすめ沖メバル釣り用便利グッズはこちら

 


もっと沖メバル釣り用の道具について知りたい! という方は
TEL: 03-3876-3690 にてご質問ください。

お気軽にお問合せください。


All Right Reserved. Copyright © 2021 海釣り、船釣り専門通販の沖三昧