オニカサゴ特集トップ : 海釣り、船釣り専門店の沖三昧 ,釣具販売,釣具通販



オニカサゴ特集


オニカサゴ特集

中深場の人気ターゲットオニカサゴは伊勢海老のようと形容される弾力のある白身が釣り人を魅了します。

市場に出回る事はほとんど無く、釣らないと中々口に出来ない魚です。

群れで回遊している魚と違い一度に沢山釣れるケースが少ない魚でもあります。

道具は電動リールは必須ですが特別大きなものは要らず、シンプルな仕掛けも相まって入りやすい対象魚です。

釣期は比較的長く、秋~春の間が中心です。

場所によってはサバ、イカとのリレー船もあり釣り味を楽しむというよりは食味重視の魚と言えます。

水深は100~200Mなのでイカの道具だてと近く、ヤリイカタックルのバランスでもある程度通用します。

少ないながらも専用竿が出ています。

注意しなければならないのは毒のあるトゲ。

死んでも無くならないので釣り上げたあとは毒のあるトゲをカットする必要があります。

そのままクーラーに入れておいてうっかり手を入れた時に刺さって大変な事になるケースも多く聞きます。

このあたりに十分注意をしてオニカサゴ釣りを安全に楽しんでください。




 

おすすめオニカサゴ用リール


水深が100M以上となるので電動リールが一般的となります。

120号以上のオモリを使う事もあり手巻きリールを使う人はほとんどいません。

上から落ちてくる餌に反応するので誘いが有効で、手持ちが出来る大きさのリールはメリットになります。

しかし置き竿でやや長めの竿で底にオモリをキープするように釣る方法も有効ですので必ずしも

手持ちにこだわる必要はありません。

針の数は3本以下がスタンダードで魚の大きさも2kgを超える事は稀なので高額な電動リールでなくとも

充分対応出来ます。

道糸は4号~6号が300M以上巻けるリールが目安です。置き竿で使うならもっと大きくても構いません。


手巻きリール

最近はあまり使われませんが、手巻きでも対応出来ます。手返しが早い釣りではないので

頑張れば何とかなります。手巻きの良いところは巻き上げのタイミングが止めたり巻いたりが

自在な事。竿のかかる重みを体で感知できるので魚のバレが比較的少くてすみます。



電動リール

オニカサゴで主流となる電動リールたちです。置き竿、手持ちの両方に使えるものを多く紹介しています。


→おすすめオニカサゴ用リールはこちら 


おすすめオニカサゴ用竿

 

中深場釣りのジャンルと言えるオニカサゴですが穂先は硬すぎない方が理想的です。

胴調子はやわらかすぎるので7.3くらいの先調子で胴がしっかりとした竿であれば対応出来ます。

手持ちで誘う事も多いのでその場合は抱えやすいグリップの長さを持つ竿が負担が少なくなります。

置き竿で狙う場合はやや長さのある穂先が手持ち竿よりもやや入り気味の竿がおすすめです。



→おすすめオニカサゴ用ロッドはこちら

 


おすすめオニカサゴ用仕掛け関連品

 

オニカサゴの仕掛けは天秤とオモリと2~3本針とシンプルです。針には16~20号のムツ針を使用します。

ハリスは6~8が一般的です。基本ライトは使いません。ただ、針にタコベイトやフラッシャーなどのデコレーションを

付けると効果があがる場合もありますが無くても成立します。

天秤に専用タイプが多く見られます。



→おすすめオニカサゴ用仕掛け関連はこちら

  

おすすめオニカサゴ用便利グッズ

 
トゲに毒のあるオニカサゴではカットするハサミは必需品です。その他にもあると便利な用品をご紹介します。
 



→おすすめオニカサゴ用グッズはこちら

 



もっとオニカサゴ用の道具について知りたい! という方は
TEL: 03-3876-3690 にてご質問ください。

お気軽にお問合せください。


All Right Reserved. Copyright © 2021 海釣り、船釣り専門通販の沖三昧